にんにく注射はビタミンB1やらアリシンやらグリコーゲン

にんにく注射は、自宅ではできません。まず注射を自宅でするというのはよほど特殊な状況ではない限り一般の人はあまり考えつきませんし、注射液を作るのが大変でしょう。ビタミンB1やらアリシンやらグリコーゲンやらはスーパーじゃ売ってませんからね。にんにく注射と比較されることの多いプラセンタ注射は注射液をインターネットなどで手に入れることができますが、普通の考えを持っている人なら、これに飛びつきはしないでしょう。体内に注入するものを、いい加減なところで手に入れたくはないですものね。なにより、にんにく注射の注射液を販売しているところはまだ見たことがありません。にんにく注射を打ちたいのなら、素直に病院に行くのが一番。にんにく注射を扱っている科は内科、皮膚科、美容外科、婦人科など、多岐に渡っています。これは要するに、やっている病院はやっているし、やっていない病院はやっていないということ(当たり前ですが……)。にんにく注射はどの病院でも○○科に行けばいいよ!というものではないのです。にんにく注射をやっている病院は、インターネットで探すといいでしょう。「にんにく注射 病院」などで検索すれば、情報がたくさん出てきますよ。注意したいのが、病院によってにんにく注射の成分が違うこと。事前にきちんと説明をしてもらってから打ちましょう。また、病院によってはドーピング対策としてアスリートへのにんにく注射を行わない所もあります。にんにくは疲労回復に効果がある、というのは、多くの人が知っていることですよね。にんにくを使ったレシピはスタミナ料理と呼ばれることもあるほど、疲れた体を元気にしてくれます。それを体が知っているのか、疲れた時になぜだかにんにくが食べたくなる、という人もいます。にんにくの疲労回復効果の秘密は、ビタミンB1。ビタミンB1を初めとするビタミンB群はエネルギー代謝に必要な栄養素です。ビタミンB群が不足するとエネルギーの代謝がうまくいかなくなり、結果、エネルギー不足に。体を動かすエネルギーが足りなくなるから、体が疲れてしまうんですね。特にビタミンB1はエネルギー代謝に重要とされています。にんにくビタミンB1が含まれていますが、ビタミンB1は単体では吸収されにくく、本来の力を発揮するには「アリシン」が必要なのです。にんにくのすごいところは、刻んだりおろしたりすると、このアリシンがたくさん出てくるところ。にんにくはビタミンB1とアリシンを同時に摂れる、疲労回復の優等生なんです。にんにくだけを食べるよりも、ビタミンB1豊富な食材と組み合わせて取り入れたほうが疲労回復効果は大。豚肉とにんにくの組み合わせは栄養面でも、味の面でも最強のコンビです。中華風の炒め物にしたり、とんかつ肉におろしにんにくを塗ってから揚げたり、アイデア次第で疲労回復レシピは無限大。火を通せばにんにくの刺激は抑えられますから、胃腸が弱い人でも大丈夫ですよ。